わきがの破壊力にやられて睡眠不足で仕事をしました

507939

 

通訳をしている知り合いに頼まれて、
2日間だけ通訳の仕事のアシスタントをすることになりました。

知り合いはやり手の美人なのですが、なぜか匂いについては頓着しないのか、
アレルギーなのかはわかりませんが、香水などはつけていません。

それなので、仕事中、時々、彼女の脇の匂いが漂ってくることがありました。

もしかして、背の高い外国人に彼女の脇の匂いが漂うことはないのかもしれませんが、
丁度、彼女の脇あたりに背の低い私の顔があり、彼女の横で、
外国人の方に通訳している時はかなり辛かったです。

しかし、仕事中は彼女と離れていることも多かったので、
なんとかなりましたが、その日に泊まったビジネスホテルでは大変なことになりました。

同室に泊まりだったのですが、なんと、ツインのルームがとれずに、
ダブルベッドにその彼女と一緒に寝ることになったのです。

知らなかったのですが、わきがというのは、シャワーに入ったぐらいでは取れないのです。

それよりも、湯上りの汗ばみでまた新たなにおいが発生しているという感じで、
同室のホテルの部屋が非常に辛かったです。

寝る時は、隣から漂うわきがをなんとか阻止するために、
私がシャワーの後に自分の首元に香水を振りかけました。

なんとかごまかせるのではないかと思ったのですが、
その夜はわきがと香水のコラボの香りが眠りをさまたげ、
翌日の私は睡眠不足でフラフラしながら、仕事をしました。

仕事よりも何よりも、わきがの匂いが一番つらかったです。

私が愛用している体臭対策用のサプリメントを彼女にあげましたが、
二日間の辛抱なので我慢し続けました。

おならと体臭・口臭の関係

9dc24e8c4032115f8d98e13486ba29bf_s

 

好きな人とデートしている最中だったり、社会人になると人と接する機会が多く、
その出す機会を我慢してしまうおならですが、おならを我慢すると、
思わぬ所からそのガスが出ていくという話をご存知でしょうか。

腸の中で出来てしまった不要なガスが、おならとして体外に排出されることは、
皆さんご存知だと思います。

しかし、それを我慢してしまうと、腸が不要なガスを吸収し、
血液に乗せて体全体にその不要なガスを回してしまうそうです。

そして、その体全体に回った不要なガスは、皮膚の汗腺を通して
臭いを体の外に排出するそうです。

また、腸で吸収されなかった不要なガスは、胃の方へあがり、
ゲップとして口から排出されるそうです。

しかし、中にはゲップとならなかった不要なガスもあり、
それは口臭という形になって口から体の外に排出されるとの事でした。

食べ物や入浴で体を清潔にしても、マウスウォッシュを使って丁寧に手入れをするなど、
どれだけ努力をしても体臭や口臭がきついと思われる方は、
一度、自分の腸と向き合ってみることも必要なのかも知れません。

そして、人のいない所で、不要なガスを出す努力をして、
体全体にそれを回さない努力をすることも必要なのかもしれません。